2016年08月27日

かくも長き不在

エースFW鈴木孝司が8月9日、左アキレス腱の手術を受け今季出場絶望。
MF鈴木崇文とDF三鬼海は8月23日付で契約解除処分となり、永久にチームを離脱。
そんな状態で町田ゼルビアは、神奈川大学との天皇杯1回戦を迎えました。
ピッチ練習に現れた選手たちを、サポーターは最近あまり歌わないチャントで激励します。
♪どんな時でも俺らは叫ぶ 俺たちがいつも愛してるのはお前ら町田だけ♪

サブの選手を中心にして挑んだゼルビア。
しかし守備に人数を割き組織的に守る神奈川大に手を焼きます。
時にロングボールからカウンター攻撃を受け、危ない場面を迎えます。

KC4A0552.jpg

そして後半、相手フリーキックからゴール前で混戦。
DF陣がバタつく中、ゴールネット上方にシュートを突き刺されました。
選手交代で打開を図りますが、運動量などで相手を上回ることができません。
シュートまで至る場面も少なく、最後は選手交代などで相手に時間を遣われタイムアップ。
「神大のBチームに入れてもらえ!」なんて野次まで飛びます。
私自身も、選手がスタンドに挨拶に来ても拍手する気になりませんでした。

勝ち上がった場合、2回戦の相手はジュビロ磐田vs.FC岐阜SECONDの勝者。
ヤマハスタジアムでジュビロvs.ゼルビアを観る、そんな夢はここで打ち砕かれました。
主力3人が抜けたゼルビア、今後がとても危ぶまれます。
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

現状

しばらく書いていなかったので、現在の病状を記します。

エビリファイを飲むようになってから、劇的に痛みは減りました。
劇薬ですし、誰にでも勧められるものではありませんが、少なくとも私には効いたようです。
その代わり、口をモゴモゴ動かすなどの「遅発性アロディニア」という副作用が出ました。
用量を12mgから6mgに減らしてからは、あまりこの副作用は出ていないようです。

現在の悩みは眠気です。
電車やバスに乗っていたり、家で座っていたりすると、すぐ眠ってしまいます。
最近は映画の試写会に行ったり、無料のライブに行ったりしても、少し眠ってしまいます。
その一方で夜に寝つくのは遅く、12時に布団に入って眠れるのは朝4時過ぎだったりします。
これは線維筋痛症の一症状か、それとも何かの薬の副作用かはっきりしません。

これさえなければ、また仕事に復帰しようと思うのですが。
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 線維筋痛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

22vs.20

野津田で町田ゼルビアvs.ギラヴァンツ北九州。
プロレスラー真壁刀義のPKセレモニーで始まった試合は。
原と小松、相手の2人のFWにDF陣が手を焼きます。
一方でゼルビアも攻め込みますが、主にファウルで止められます。

KC4A0498.jpg

後半に入って、原のクロス気味のシュートが決まりギラヴァンツが先制。
ここからゼルビアの激しい反撃と、ギラヴァンツの守備固めが始まります。
ギラヴァンツ守備陣の隙間を縫って、DFのヨンアピンも中盤に上がっていって。
しかしゴール前には迫りますが、そのたびGKやゴールポストに跳ね返されます。
ロスタイムのセットプレイではGK高原も前線に上がりますが、やはりゴールはならず。
0-1で、久々の敗戦となりました。

観客席では「首位が20位に負けるなんて」との声も聞かれました。
確かにギラヴァンツは今季これまでこそ20位に沈んでいますが。
一昨年はJ1昇格プレイオフ圏内の5位、昨年もあと一歩の7位でした。
対してゼルビアは、この対戦前までJ2首位でしたが、あくまで“22番めのチーム”です。
実質はやはり“チャレンジャー”の気持ちで臨むべきだった試合です。
ここから負けが続いたりしないよう願いますが、さて……?
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする