2016年04月23日

首位

KC4A0470.jpg

野津田で町田ゼルビアvs.V・ファーレン長崎。
試合はスピーディな展開で進みます。
ゼルビアが攻め込むと、中盤でボールを奪ったヴィファーレンがカウンターを仕掛け。
これを凌いだゼルビアがまたサイドから攻め込む繰り返し。
点が入らないながらも見応えのある内容です。

KC4A0472.jpg

そして、ゼルビアの何度めかのチャレンジが実ります。
スルーパスが通り、フリーになったFW中島が落ち着いてゴール。
その後もゼルビアゴール前に迫られるピンチもあり。
ゼルビアFW鈴木孝司がクロスバーに当てる惜しいシュートもあり。
ロスタイムにはヴィファーレン側に退場者が出て、やがて試合終了。
粘り強く戦ったゼルビアが1-0で勝ちを拾いました。

大きなニュースはそのすぐ後にもたらされました。
他会場の速報が入り、首位のセレッソ大阪の敗戦が伝わります。
これで前節まで2位だったゼルビアが勝ち点で並び、得失点差で1上回りました。
“J2で22番めのチーム”を自認するゼルビアが、なんと首位に。
守備は堅く、FW孝司に加えて新加入のFW中島が点を獲って辛勝する。
まるで昨シーズンのツエーゲン金沢のような快進撃です。
さて、いつまでこの勢いが続くでしょうか。

100_1659.JPG
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック