2015年11月29日

奇跡を起こさない・その2

100_1653.JPG

望外の結果でした。
町田ゼルビアvs.大分トリニータ、J2・J3入れ替え戦。
2-1の逆転勝ちです。

シャトルバス待ちのかつてない長蛇の列から、熱戦は予感できました。
ホーム側はもちろんのこと。
アウェイゴール裏もいつもより広い領域にぎっしりトリニータサポが陣取っています。
総入場者数8629人、たぶん野津田の最多集客記録です。

100_1652.JPG

100_1648.JPG

相手はJ1にもいたことのあるチーム、実力差は大きいのではと思っていました。
試合開始から10分くらいの印象は「あれ?意外にやれてる?」。
ボールの保持も攻め手も、明らかにゼルビアが上回っています。
先制点を入れられたときは「あーやっぱりかー?」と思わされましたが。
シュートの積み重ねが実り、前半ロスタイムにFW鈴木孝司が同点ゴール。
これが獲れると獲れないとでは大違いだったはずです。
選手たちも「俺たちはまだやれる!」と思ったでしょう。

トリニータは、個々はいい選手でも、つながりがないように見えます。
FW荒田の縦への突破には目を見張るものがありましたが、単発に終わってばかり。
脅威は一応感じさせても、攻撃に厚みや迫力がありません。
荒田が傷んでからは、さらに攻め手がなくなりました。
中盤のつなぎも不完全で、ゼルビアが容易にパスをインターセプトしています。
もっとも、ゼルビアの選手の調子もいつもよりよかったと思いますが。

100_1656.JPG

後半に孝司が待望の勝ち越し点。
その直後から試合は荒れ、トリニータが退場者を2人も出してしまいます。
もうトリニータにはどうすることもできませんでした。
総シュート数でもゼルビア19本に対しトリニータはわずか3本。
ロスタイム5分が終わり、涙が出そうになりました。
奇跡を起こさないゼルビア、今日の勝ちも当然の結果だと受け止めました。

100_1657.JPG

帰りにはゼルビアが開いた定食屋さん(と自ら謳う)『ゼルビアキッチン』に立ち寄り。
カウンターに置かれたおかずを順々に取っていく、本当に定食屋のスタイルです。
一汁三菜と雑穀米で税込660円というのは、かなり良心的な価格でしょう。
レシートに各品ごとの価格とともにkcalが記されているのもいいところ。
店内はそれほど落ち着けませんが、チームスタッフの顔写真が並んでいるのが見応えあり。
ある母親が子どもに「選手にはお食事中は話しかけちゃダメだよ」と言っています。
選手が食べに来ているようですが、探しはしませんでした。
試合後に子どもサッカー教室『ふれあいサッカー』もあり、疲れているでしょうから。
今日みたいないつもと違う日にもこんなイベントを行う、そんなゼルビアが好きです。
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック