2014年10月12日

ふれあい

町田ゼルビアのホームゲームでは「ふれあい応援エリア」という一角があります。
熱烈サポーターが集まるゴール裏の立見応援エリアのすぐ横です。
応援初心者歓迎、チャントの歌詞カードがあり、座っての観戦もOK。
どんなものかな、と行ってみました。
vs.ツエーゲン金沢、町田市立陸上競技場。

KC4A0187.jpg

さすがに3位vs.1位の対決。
いつもよりいくぶんアウェイサポーターの人数が多いです。
今日は「旗の海」の日だそうで、青いフラッグを持った人もいつもより多いようです。
歌が始まると最前列にいるサポーターが、歌詞の書かれたボードを掲げます。
いつもより自然と歌声が1オクターブ高くなります。
喉がかれそうになり、慌ててオクターブ下げて歌を続けます。

KC4A0186.jpg

しかし応援にはよくても、観戦には最悪。
ただでさえピッチから遠いのに、前の席のサポがずっと立ったまま。
惜しいシュートだったかどうかも、なぜ1人退場になったかもわかりません。
こっちは90分立ったままでいるのはムリな身の上ですが。
立ってる人数のほうが多いので、座ってくれとも言えません。
それより何より、特にふれあいはなし。
1点でも獲ってくれればハイタッチくらいしたかもしれませんが、結果は0-0でした。
KC4A0189.jpg
だいたい雰囲気はわかったので。
次からはいつものバックスタンドで、落ち着いて観戦しようと思いました。
【関連する記事】
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 線維筋痛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック