2013年05月31日

拾得物?

道で携帯電話を拾いました。
ちょっと操作すると持主の名前などがわかりましたが。
連絡方法はわからないので、とりあえず近くの交番に届けました。

携帯電話は拾っても、報酬をもらう権利はないとの説明。
とりあえずお礼の連絡をもらう権利だけは主張することにしました。
担当の警官は、面倒くさそうにタメ口で話します。
「ケータイは、例えばソフトバンクならソフトバンクのお店に持ってけば、本人と連絡とってもらえるからね」
ああ、なるほど。
携帯電話のキャリアなら、名義人の携帯以外の電話番号や住所のデータがあるはず。
そう思って、“キャリア”という用語を知らないかもしれない警官に向けてこう答えます。
「ソフトバンクなら本人の連絡先を知ってますからね」
すると警官は、半笑いで「いやソフトバンクとは限らないけどね」。

たぶん持主に戻るでしょうが、もし万が一見つからなかったら?
拾った携帯電話そのものを、私はもらえるんでしょうか?
そう思って質問すると、それもなし。
個人情報が入っているから、拾った人に渡すことはできないとのこと。
携帯電話って、拾ってもあんまり得しないみたいです。
少なくとも“拾得物”にはならないみたいです。

とりあえず今後、落ちてる携帯電話を見ても、交番に届けるのはやめることにしました。
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389161153
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック