2015年08月16日

快哉

こんなに気持ちいい観戦は久しぶりでした。
野津田、町田ゼルビアvs.藤枝MYFC。

KC4A0349.jpg

少し足かせはありました。
試合前のイベントで、エースFW孝司が負傷していることを自ら語り。
近くの席からはFWサビアが別メニューで練習していたことが聞こえてきて。
今日のFW起用は重松と、本来はMFの遠藤。
守備はともかく、得点力は多くを望めないかなと思っていました。
相手には昨季のリーグ得点王を競ったFW大石がいます。
ここ6試合で4得点と好調なようで、抑えられるかどうかも不安でした。
先日は目下3位の長野パルセイロにも勝った藤枝、下位とはいえ侮れません。

チャンスはありながらも無得点で折り返した後半。
始まって数分で相手MFが2枚めのイエローで退場します。
するとMF森村が、意表を突いたループシュートで先制。
そこからはMF宮崎、MF崇文が立て続けに得点します。
終了間際には守備固めで入ったはずのDF星野にもゴールが生まれます。
キーパーとの1対1を外す場面もありましたが、4-0の圧勝となりました。

KC4A0347.jpg

試合開始前と終了後にはアウェイゴール裏から「町田ゼルビア!」とコール。
さすが“行動規範は紳士(真摯)たれ”を標榜するクラブのサポーターです。
ホームゴール裏の反応が少し遅れましたが、ちゃんと「マイFC!」とエールを返します。
こんな清々しい対戦の雰囲気も久しぶりでした。

KC4A0348.jpg
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

Jay Day

8月8日ヤマハスタジアム、ジュビロ磐田vs.京都サンガ。
日付にちなんで背番号8のFWジェイ・ボスロイドのお面が配られます。
この日は磐田市と隣接する袋井市の花火大会で、道路も鉄道も大混雑。
観客数では負けているでしょうが、それでもスタジアムに1万人は集まりました。

KC4A0346.jpg

開始数分で早々とジェイがゴール。
しかし前半のうちに同点にされ、折り返します。
ハーフタイムから雨が降り出し、時折り豪雨に近くなります。
後半に入って数分、ジェイが再びゴールを決めてリード。
けれどサンガに元A代表のFW大黒が投入されてから、様相が一変します。

サイドからのグラウンダーのクロスに大黒が合わせ、再び同点。
ハンドから得たPKを決めてジェイがハットトリックを達成しますが。
その数分後、サンガ2点めと同じようなクロス。
これをGKカミンスキーが、雨で滑ったせいかキャッチミス。
こぼれた球をまたも大黒が押し込みました。
そのすぐ後にジェイに替わってFW森島が投入されますが、ゴールの匂いは一切なし。
♪ここから始まる磐田の反撃♪のチャントも実らず、そのまま試合終了。
ハットトリックが達成されたにもかかわらず3-3で引き分け試合終了となりました。

ホームゴール裏からはブーイング交じりの拍手。
近くの席からは「雨の中でも応援したのによー」などの声が聞こえました。
後ろからはヴェルディが勝ち点2差の3位に迫っています。
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

北井

KC4A0343.jpg

野津田で町田ゼルビアvs.カターレ富山。
子どもや学生は無料、俳優の谷原章介やお笑いのどきどきキャンプも来るこの日。
「1万人で盛り上がろう!!!」の掛け声も鼻息荒く、盛り上げの意志が見られます。
行きの直行バスはほぼ満員でした。
http://www.zelvia.co.jp/news/news-62378/

『24』の持ちネタがあるどきどきキャンプのコントを観られるステージ前のベンチは満席。
今日はたぶん観客席も多く埋まるだろうと予感させます。
それにしてはアウェイゴール裏横のホーム側自由席に誰もいないのが気になりますが。

KC4A0340.jpg

アウェイのスタメン発表で、特に大きな反応の起こった名前がありました。
MF北井佑季。
12年シーズンまでゼルビアのレギュラーだった攻撃的選手です。
数多くの拍手と、ホームゴール裏からの大きな公式ブーイングが響きます。
14年にゼルビアに在籍したDF吉井直人には拍手だけだったのとは大きな違いです。

試合が始まると、その北井が厄介な存在になります。
両ゴールライン近くまでボールを追い、ゼルビアに自由なプレイをさせません。
攻撃も北井を起点とした場面が多く見られます。
なぜかエースFW孝司が欠場のゼルビア、厳しい戦いが予想された中、事件が起こります。
前半ロスタイム、北井がゼルビアの選手を倒し、レッドカード。
カターレは後半まるごと10人での戦いを強いられます。

10人になったカターレは、カウンター以外に攻撃の機会がなくなります。
いかに北井の存在が大きいか如実に表しています。
パルセイロのFW勝又、レノファのFW岸田、J2ではツエーゲンのDF太田など。
ゼルビアを出ていった後で活躍している選手がけっこう目立ちます。

圧倒的に有利なはずのゼルビアは、それでもゴールを奪えず。
逆にカウンターから抜け出したカターレの選手をGK高原がイエローで止める場面も。
(レッドでもおかしくなかったように見えました)
それでもロスタイムに、相手がペナルティエリアで反則(ハンドリング?)。
MF崇文がペナルティキックを決め、辛くも1-0で勝利しました。

KC4A0338.jpg

それにしても問題なのは客の入り。
ふたを開ければ3012人、去年の平均的な入場者数にも足りない数です。
1万人をめざしてこれでは、今後がかなり思いやられます。
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする