2015年07月29日

精度

J3リーグの町田ゼルビアvs.グルージャ盛岡です。
中2日で連戦のグルージャに対し、日曜に試合がなかったゼルビア。
しかもゼルビアのホーム、野津田での試合です。
互いの順位から考えても負ける要素はなかったはずです。

KC4A0337.jpg

グルージャがガチガチに守ってくると思われましたが、そうでもありません。
チャンスはゼルビア側にたびたび訪れました。
しかしクロスがうまく合わなかったり、シュートがバーの上に浮いてしまったり。
ゴール前でのプレイの精度が今ひとつでゴールにまで至りません。

KC4A0336.jpg

すると後半ロスタイム直前、コーナーキックから失点。
ロスタイムに入ってゼルビアも3回コーナーキックが続きますが、得点には結びつかず。
0-1と下位相手に勝ち点を取りこぼしました。

敗因は精度を欠いたプレイだったでしょうか。
もしかしたら負傷欠場のMF大竹の影響だったのかもしれません。
そうすると、今後に少し不安が残ります。
新加入してきたMF森村やFWサビアでその穴が埋められるか。
相馬監督の手腕が試されるところでしょう。
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

日日

無料のお笑いライブというものがあります。
イベントのタイトルは「日日(にちにち)ライブ」。
場所は地下鉄東高円寺駅と新高円寺駅、どちらからでも徒歩約5分の雑居ビルの1階。
http://warayacafedelive.jimdo.com/アクセス/
毎月平日2日間の、16時からの開催で、3〜4組の芸人が出演します。

思い起こせば、陸橋の下の交差点でビラを配っていたところに出くわしたのが最初。
面白そうだと行ってみると、出演者はさっきまでビラを配っていた若者たちでした。
無料なのに意外に面白くて、それから3ヶ月通い続けているのでした。

今日の観客は3人、入りは毎回このくらいです。
(途中で4人入ってきて7人の大入りとなりました)
昨日は観客ゼロだったと、空気相手にお笑いをやったとの話もありました。
今回の出演者は順にトラネコ、ビビットビット、そいつどいつの3組。
毎回出ているのはビビットビットとそいつどいつで、この2組が中心のようです。
ビビットビットはコントもやりますが基本は漫才。
そいつどいつはいつもコントです。
2組とも吉本所属3年めとのことです。

この日は各組2ネタずつを披露。
2枚目二人組のビビットビットは漫才とコントです。
前回観た“相方に水分を多く摂らせて梨やもやしにしようとするネタ”もよかったのですが。
コント“エロ本を読む高校生と仏像の本を読む同級生”はたぶん鉄板ネタ。
2ヶ月前にも観たネタでしたが、きっちり笑えました。

http://blogs.yahoo.co.jp/samurai_ichikawa_blog
やんちゃ坊主のような顔でキャラが立っている市川さんのそいつどいつは、コント2本。
“推理ドラマの犯人探しに突然出てくる清掃員”は、2ヶ月前に観たのと同じかと思ったら。
途中から展開が違っていて、あっと思わされました。

平日午後の約30分間の開催で、少し人を誘いづらいのが難点ですが。
生活保護にとってはありがたい試みなので、また来月も行こうかと思います。
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

大竹

KC4A0334.jpg

野津田で町田ゼルビアvs.Jリーグ・アンダー22選抜。
前回は6-0で圧勝した相手、今回も当然勝ちを望むところです。

しかし前半早いうち、相手との交錯によりMF大竹が負傷交代。
チーム内で最も走り回る、汗かき役の選手がいなくなってしまいます。
交代で入った久木野はFWで、縦へのスピードはあっても横への動きは少ないタイプ。
ただでさえ暑さで選手の動きが緩慢なところ、このアクシデントで攻め手がなくなります。

0-0で折り返した後半開始数分、MF崇文が先制します。
けれど相手のJ-22は、唯一ゼルビアを上回るのが運動量。
縦への長いパスで裏へ抜け出され、あっという間に同点にされます。
パスの連係などは前回対戦同様に拙いJ-22、突破口を見出したかもしれません。
前節は4位のSC相模原相手に勝っているJ-22。
出場選手も大きく替わっていて、もしかしたらと不安がよぎります。

それを払拭したのが、相馬監督の采配でした。
疲れの見えるFW重松をMF重松と交代。
さらにエースFW孝司を久木野に替えて送り出します。
孝司が入ってすぐ、崇文が2点めを決めました。
終盤には高いラインを保てなくなった守備陣から、センターバックを深津から平に交代。
終了間際には崇文がハットトリックを達成。
危ない場面は何度かありながらも、3-1で勝利を収めました。

KC4A0335.jpg

試合終了後、観客席から聞こえてきたのは大竹を案じる声。
チームで最も走れる選手は今後、特に運動量の落ちる夏には、絶対に欠かせません。
エース孝司以上に今ちばん替えの利かない選手でしょう。
ケガの具合はどうか、次の試合には出られるか、チームからの発表が待たれます。
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

森村

KC4A0330.jpg

MF森村昂太。
6月29日アビスパ福岡から、この時期にしては珍しく完全移籍で加入しました。
そして今日、野津田での町田ゼルビアvs.FC琉球に初出場初先発です。
まだ個人チャントはなく、「森村!森村!」のコールと手拍子だけが飛びます。
どういう選手かはよく知りませんが。
J2通算184試合14得点の実績から見ると、それほど攻撃的な選手ではなさそうです。

後半15分頃。
後方からミドルシュートが放たれ、先制ゴール。
誰が撃ったのかと思ったら森村でした。
なんだ、得点力あるじゃないの。

試合はロスタイムに追加点があり、2-0で終了。
エースFWの孝司がケガから少し不調のようなところに、頼もしい得点源の出現です。
あとはせめて3千人を超す観客が来ればいうことなしなのですが。

KC4A0332.jpg
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

ソフトワーク

平日開催は生憎の雨のヤマハスタジアム。
J2リーグ戦、ジュビロ磐田vs.カマタマーレ讃岐です。
先着1万名に配られるオリジナルビブスもそうとう余りそうです。
今日の天候ではビブスを着ても、上にレインポンチョを着るので意味がありません。
そもそもユニフォームを着ていればほぼ用なしです。
レイソルのようにビニールではなくちゃんと布製、なんかいろいろ惜しいプレゼントです。

KC4A0326.jpg

それにしても、これだけハードワークしないチームどうしというのは珍しいでしょう。
ルーズボールをどちらもあまり追いません。
前節から中3日という日程が影響しているのでしょうか。
今年になって成長著しいDF櫻内が先制しますが、その後はどちらも決定力を欠きます。
交代して入るのもベテランのMF松井だったりDF坪内だったり。
フレッシュでもハードワークは望めない面々ばかりです。

それでも守りきれればよかったのですが。
後半ロスタイム、相手チームの選手に寄せきれず、あれよあれよとゴール前に迫られ。
緩いクロスボールに合わせただけのボールがゆるゆるとゴールに吸い込まれました。
それからほどなくして1-1で試合終了。
審判の長い笛が吹かれると同時に、ゴール裏から激しいブーイングが巻き起こります。
私は加わりませんでしたが、ムリもないなと思いました。

今後が思いやられる内容でした。
来年はJ2で静岡ダービーか?という心配も現実味を帯びてきてしまいます。
posted by 小佐治 晴直 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする